日本人ベンチプレス軍団世界最強

児玉選手 74kg級 275kgで優勝

大室選手 83kg級 302.5kgで優勝

福島選手 83kg級 282.5kgで4位

 

一般は年齢制限というExcuseが存在しない真剣勝負の世界。

世界中からお金をもらって競技に参加しているガチンコ組との対決です。

昔は11階級ありましたが、今は8階級に圧縮されたので男子一般には穴の階級というものが存在しません。

児玉選手は絶対王者という名にふさわしい貫禄の優勝でした。通算13回目の世界チャンピオンです。

大室選手は悲願の初優勝。就職してからも練習を続けることを企業に認めてもらったので結果を出せたことはアスリートとして本当に素晴らしいことだと思います。

あとは大室選手自身がいかにお世話になっている企業を世間様にアピールできるか。

この道を作ったのは児玉選手。我の記録だけが命ではなく、後進の指導、道作りにも貢献されています。

去年世界チャンピオンだった福島選手は今回は残念ながら4位でした。

練習に付き合いましたが、今回はフォームになかなか乗らずかなり苦しい状態でしたが、何とか一本取り。

来年はまた復活するでしょうから大室選手と激突ですね。