これで前腕の腕上がりともおさらば4ArmStrong販売開始しました

鬼社長です。

腕上がり防止のストレッチ器具である4ArmStrongの販売を開始しました。

前腕や肘の痛みに悩む14回世界大会優勝の児玉大紀氏がこれええでーと、スポルテックの会場で見つけてこられました。

腕上がり(アームパンプ)とは

前腕を酷使するあらゆる動作、例えばオートバイのクラッチ・アクセル操作、ロッククライマーが体を引き上げる、消防士がホースを引っ張る、柔道で相手の襟を掴み・引き寄せる、マグロトーナメンターがリールを巻き続ける等、これら前腕の継続的な運動により、筋膜に覆われた前腕筋群の血流が増大し筋繊維が膨張、内圧によって血流が低下します。この状態になると筋肉にエネルギーが供給されないばかりか乳酸の代謝も滞り、急激に前腕のパフォーマンスが低下します。前腕がパンパンに固くなり、握力低下や、手首の転回、屈伸展が出来ないなど、ライダーが「腕上がり」、クライマーがArmPump、パンプと呼ぶ症状になります。医学的には筋区画内圧が上がり虚血症状が起こった状態になります。

腕上がりが乳酸蓄積の問題ではなく、前腕筋区画内に血が封じ込められているのが問題であることを理解することが重要です。このようなパンプの症状は腕だけでなくふくらはぎや腿などにもあらわれます。これらは腕のパンプと原理的な違いはありません。トレーニングの強度、筋肉量にかかわらずどんな人にもパンプは起こりえるのです。

正規輸入販売店の有限会社RYP様のページより転載

4ArmStrongをスポーツの前に使用することにより、上記の前腕の腕上がりを抑制することができます。

4ArmStrongのメリット

メリット1:自分でストレッチ出来る

筋膜リリースや、筋膜拡張は、熟練のトレーナーやセラピストの手技によって行うのが一般的で、技術と時間とお金がかかりますが、4ArmStrongは、誰でも、かんたんに、ご自身で、筋膜リリースと筋膜拡張を行うことが出来ます。また、片方の腕をストレッチするのにもう片方の腕を使って逆に疲れてしまう、といった本末転倒な事態を防ぐことが出来ます。

メリット2:運動前にわずか5分

4ArmStrongは前腕屈筋と伸筋へピンポイントでダイレクトに作用するため、運動前のわずか5分で両腕の筋膜拡張とリリースが完了します。筋肉が冷えている競技前にストレッチすると効果的です。

メリット3:経済的

4ArmStrongはカフ部分は耐久性のある透明なポリカーボネート、ノブ部分は4-40ステンレス鋼および医療業界で使用される強力な軽量6061アルミから構成されています。耐久性があり、繰り返し使えます。セラピストへの施術料もトレーナーへの給料も不要です。練習でも本番でもいつでも好きな時に、前腕のパフォーマンスを引き出すことが出来ます。

メリット4:運動後のストレッチも可能

4ArmStrongは前腕の伸筋群および屈筋群の筋膜をピンポイントで効果的にストレッチするだけでなく、加圧による筋ポンプ効果で疲労物質である乳酸を素早く除去し、血流の促進に役立ちます。また、テニスプレーヤー、ゴルファー、ハードトレーニーの悩みである上腕骨内側上顆や上腕骨外側上顆にかかる張力ストレスを軽減し、ケガの予防に役立ちます。

 

前腕、手首、肘のストレッチ器具としても応用できます

ベンチプレッサーは腕上がりの症状になることはあまりありませんが、ベンチプレッサーやパワーリフター、アームレスラー、ウェイトトレーニングを行っている人にも応用できる使い方を児玉大紀氏は見出しました。

すでにプロスポーツ選手は練習前のストレッチに取り入れられております。

児玉選手はこの4ArmStrongを使用してから、香港の大会で210.5kgの世界記録を樹立されています。

販売は武器屋.netにて